読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

お仕事について色々かんがえてみた

首都圏に住む子育て中の働く主婦(社労士有資格者)のブログ

介護業界という苦海

もし、現在そちらにお勤めしている方が気分を害したら申し訳ありません。

そうやってあの業界で頑張るヘルパーさん達が老人大国日本を支えているのですから、何とかならないものかと思って見ておりますが、もう介護して貰ってる老人の考え方が駄目なので何もかも駄目かも。

いや、そこが一番駄目だと思うのですが、例えば、自分の嫁子供を使って自分の親への孝行を肩代わりさせて悦に浸る男の事を皆さんどう思いますか?図々しいと思いませんか?

それを平気でするのが介護施設利用者のご親族です。医者に強いことは言えない、看護師さんにも強くは出られない、それでヘルパーさんにあれこれ文句を付ける。

他者にお願いして自分の親の世話をして貰っていますよね?それ、理解出来てますか?

上記のクズい夫の例を出すなら、「自分でしなさいよ」で終わるでしょう?

でも、それをさせると老人が増えすぎたので経済活動が滞っちゃうんです。

後は、人間は小さい内はほぼ全員手がかかるので、産休育休は充実させやすいのですが、良いご老人は死ぬ寸前までお元気だし、老人全員に介護が必要な訳ではないですもんね。

しかも子供の世話はいつかは手を離れます。しかし、介護はどこまで時間が掛かるのか分からない。なので介護に手厚くはなって行かない。

まあ、今回の雇用保険の給付に関する改正を見れば分かるでしょう。

介護に関しては期間が延長されたとかありませんからね。細切れで取れるようになっただけで。育休は半年も給付期間が伸びました。

今時のご老人は弱ったら国に頼るつもりで生活しちゃ駄目ですよ。そういう意味では政府も泥舟だし、少ないパイを多く掠め取りたいなら少しでも自助努力をしておかないと。

ご自身の人生設計と稼ぎ方をよく考えておいて下さいね。

 

と、まあ、無資格でも語れるネタを引っ張っても仕方ないので、ここ最近で特に私が介護業界に絶望した話をぼかしながらさせて頂きますね。

ああいう施設の介護って夜勤もありますよね。そこで深夜割増が出てないからって某監督署に通報した職員さんがいたんです。まあ、それで当該未払い賃金相当の和解金が支払われました。それが複数人になったのですが、そこで改善される訳ではなくて、断続的業務であるとして最低賃金以下の賃金での労働の届け出がされました。これ以上訴え出られると面倒なので。あくまでも和解。そして、実態に合った賃金形態への転換です。これが適法。

勘の良い人や同業の方が見れば分かるでしょうけど、こうやって無事是正されましたとさ。

 

読んで分からない方は、とにかく介護業界にだけは近づくなと申し上げておきます。

少なくとも、私はとりあえずあの業界は無理だなと感じましたので、ここに愚痴を捨てておきます。恐らく、この処理方法がスタンダードになって、今も夜勤してギリギリで生活している介護職の人は更に追い詰められるのでしょう。苦海です。